新大学1年生に向け!大学1年生を振り返って後悔していること-

2020.10.03

新大学1年生に向け!大学1年生を振り返って後悔していること。

もすもす

こんにちは!もすもすです。

今回は私が大学1年生の時を振り返って後悔していることを元に、大学1年生に向けてアドバイスしたいことについて書いていこうと思います。

大学1年生の参考になれば嬉しいです!

1.色んなサークルや部活などを見ること

私は大学合格が決まってすぐに入りたいサークルを決めていました!

しかし、新歓合宿に行ってみると自分が思い描いていた雰囲気とは違い、入サー(サークルに入ること)を諦めました。

そのまま入りたいサークルが見つからず、サークル難民として前期を過ごしていました。これは友達ができず、とっても寂しい思いをしたのであまりおすすめしません。

 

後期に入り、やっぱりサークルに入りたい!という思いから、新入生を募集しているサークルや部活を調べました!その時は確か、10月頃だったと思います。

そして、興味のある所にメールやTwitterでメッセージを送った結果、11月にサークル難民を晴れて脱出しました。

 

初めて、サークルに入ることができて、先輩や他学部の子と友達になることができて嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています!

もしかしたら、サークル入らなくてもいいかなと思っている新入生もいるかもしれませんが、サークルに入ると学生生活や進路について相談ができる先輩と出会えたり、素直に話せる友達などが出来たりすると思います!

 

是非、興味のあるサークルや部活などのお話を聞いてみてください。

最後に入りたいサークルや部活のTwitter・Instagramは要チェックです。

2.早めに新しいことを始めてみる

大学1年生の時の私は本当に腰が重かったです。

何か新しいことを始めたいと思って、調べてはみるものの始めようとはしませんでした。私がこのような状況の中、周りの友達は資格の勉強をしたり、長期インターンをしたりしていました。

 

私は人と比較しなくていいと思いますが、友達や同じ学年の方々が何をしているか知っていると、「何かを始めたいな!」と思った時にヒントになると思います!

私も友達が行っていた課外活動を知って、大学1年生の終わりに短期ボランティアを始めました。そして、これがきっかけとなり大学2年生からボランティア団体に所属しました。

 

今は足を運んで何かを始めることは難しいかもしれませんので、新しく何かを始める場合は家でできる語学の勉強やオンラインセミナーなどをおすすめします!

今はコロナウィルスの影響もあって、授業もオンラインになった大学も増えていると思います。

 

このような状況下でできることを考え、時間を上手に使って新しいことを始めてみたら、今まで出会えなかった新しい自分に出会うことができるかもしれませんね。

おわりに

今回は大学4年生の私が大学1年生の時を振り返って、後悔していることについてとそのアドバイスを書きました。

大学1年生の参考になる記事になったら、とっても嬉しいです。

読んでいただき、ありがとうございました!!

この記事を書いた人

もすもす

はじめまして、もすもすです。 以前はInstagramでストーリーや「100ハナ」シナリオの作成を担当、現在はオウンドメディアと記事の編集を担当しています。好きなことは日常に役立ちそうなアイディアを考えること、ドラマを観ることです。 今後ハウコレでは、ハンバーグのつなぎとして使われる卵のようなポジションになることが目標です。 よろしくお願いします!