【Instagram運用】わたしがフォロワー3000人増やした方法

2020.09.27

ハナちゃんのインスタ運用について

いるか

こんにちは!いるかです。

本日はInstagramの運用についてお話ししたいと思います。

やってよかったこと、つまずいたことなどを全てお話していこうと思うので、Instagram運用を始めようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

1.業務内容と個人の活動について

今回話すのは、2つのアカウントについてです。

1つ目は、ハウコレで運用しているアカウント、100日後に彼氏ができるハナちゃん(通称100ハナ)です。

100ハナとは、恋愛下手なOLのハナちゃんが同窓会をきっかけに恋活を始めて変化していく様子を描いた漫画です。

私は漫画を描く事と、Instagram運用を担当していました。

 

2つ目は個人で運用しているイラストのInstagramアカウントについてです。

個人で運用しているInstagramアカウントは、現在3000フォロワーほどになったのですが、フォロワーが1000人を超えたあたりから、企業案件やフォロワーさんからご依頼をいただくようになり、現在ではフリーのイラストレーター&デザイナーとして活動しています。

 

企業案件は商品をいただき、イラストで商品をPRするインフルエンサーとしての仕事や、名刺デザイン、似顔絵イラストなどが主な仕事内容です。

2.Instagramの運用でやってよかったこと

ご存知の通り、InstagramはTwitterとは違い、拡散力を持たないSNSです。

 

拡散力がない中でどのようにフォロワーを増やしたかというと、ハッシュタグの選別・日々のストーリーズ投稿・プロアカウントへの切り替え・Instagram広告です。特に効果を感じたのは広告でした。

3.私がフォロワーを伸ばした方法

それでは、これから実際に私がフォロワーを伸ばした方法を下記の順で説明します。

 

・ハッシュタグの選別

・日々のストーリーズ投稿

・プロアカウントへの切り替え

・Instagram広告

 

まずはハッシュタグの選別についてです。

ハッシュタグは基本的に投稿内容と関係のあるものにしましょう。

例えば、カフェの写真をあげているのに「#イラスト」などのタグをつけてもあまり意味がありません。

また、人気すぎるハッシュタグは避けた方がいいです。 

 

例えば「#イラスト」だと、1220万件で、「#イラスト好きな人と繋がりたい」だと57.4万件です。

投稿が多過ぎるハッシュタグの場合競争が激しいので、トップ投稿のフィードに載りづらくなったり、タグ検索のときに表示される可能性が低くなってしまいます。このため、後者の「#イラスト好きな人と繋がりたい」のほうが効果が高いです。

 

だからといって、マニアックすぎるタグだとそもそもそのワードで検索する人がいないのであまり意味がないです。投稿数が多すぎず、少なすぎない、という絶妙なラインを見つけることでより効果的なタグ選定ができるようになります。

 

続いて日々のストーリーズ投稿についてです。

自粛で外出することが大幅に減り、投稿をしない人が増え、逆におうち時間などのストーリーズをあげる人が増えました。

 

また、ストーリーズは画面の最上部に位置するので、投稿は見ないけどストーリーズは見るという方が多いです。ストーリーズをこまめにあげることでアカウントに飛んでもらえるし、目につきやすくなります。投稿してから数時間のうちにもらったいいね数が多いと、人気の投稿として上位に表示されます。投稿でいいねをたくさんもらうためには、投稿後すぐにストーリーズをあげることで初速をあげることができます。

いいねを押したユーザーには一定期間上位に表示するようなアルゴリズムがあるように感じており、このやり方をすると好循環を作り出すことができます。

 

次に、プロアカウントへの切り替えについてです。

プロアカウントへの切り替えをすることで、インサイトが見れるようになります。

インサイトとは投稿に対するいいね数、保存数、投稿からフォローした人、インプレッション数、何曜日・何時にインタラクション数が多いか、また、ユーザーの年齢層や性別なども見ることができる機能です。

このインサイト機能を使い投稿の分析することで、もっともいいねがもらえる時間に投稿したり、ターゲット層に響くアプローチをするように改善することができます。Instagram運用する場合は必須の設定です!

 

最後は一番効果のあったInstagram広告についてです!

通常の投稿やストーリーズの中に広告がまぎれていることがあると思います。実はその広告を自分で流すことができるのです!え!広告って自分でも出せるの?と思われるかもしれませんがプロアカウントに切り替える事で一般人でも広告が出せるんです。

広告は、予算と掲載時間を決めることができます。

 

例えば、1日500円分を6日間にすると3000円で広告を掲載してもらえます。

また、ターゲットであるユーザーさん(オーディエンス)も選択することもできます。

自動でも広告を出す事は可能ですが、効果的なターゲティングのためには自分でカスタムした方が良いです。

 

例えば、前述したインサイトでユーザーを分析し、東京、大阪住みの20代女性が自分のフォロワー層だと絞れたとします。そしたら、そのターゲット層が何に興味があるか考えます。

この場合、私は「ヘアアレンジ、ネイル、サロン、ダイエット、美容、美容師、ファッション」などと予想します。このように自分でオーディエンスを設定することで効果的な広告を打ち出すことができます。広告はフォロワーを増やすことと、いいね数を増やすことに非常に効果がありました。

 

広告を出すのは難しそうで、手が出ないという方も多いようですが、実際にやってみると簡単なのでぜひやってみてください。

4まとめ

今回はInstagramの運用方法について紹介させていただきました。

運用開始直後は、なかなか効果が出ずに飽きてしまうかもしれませんが、今回紹介したことを毎日、継続的にやり続ければ必ず徐々に増えていくと思います!

私もまだまだ増やしている途中なので、一緒に頑張っていきましょう!

この記事を書いた人

いるか

ハウコレで広告、イラスト担当をしている大学2年生です。イラストとデザインを副業でしています。 趣味はカメラと本と音楽と映画です。 趣味だけ聞くとインドアな人っぽいですが、カブトムシは大好きですし、子供のころの夢はセミでした。 よろしくお願いします。